トリガーポイントと筋膜性疼痛症候群(MPS)とは

よく肩こりや腰痛などで他人にマッサージをしてもらうと、たまに「ああ、そこそこ」という場所に触れることがあるでしょう。この部分を「圧痛点」といいます。この圧痛点は複数存在することもしばしばあり、その中でも痛みの根源ともいうべき部位が存在します。その部分を「トリガーポイント」と呼んでいます。

ここを圧迫すると肩や腰はおろか、眼の奥や下顎などの離れた場所に痛みが響いたりします。実際この場所を治療することで、長年患っていた頭痛や眼の奥の痛み、歯の奥の痛みなどが取れてしまったりするのです。これはどうしてなのでしょうか?

痛みのある場所の筋肉は「筋硬結」という筋繊維が硬くなった状態になっています。この筋硬結は周りの血管やリンパの流れを阻害します。これだけだと普通の圧痛点なのですが、これに冷え、ストレスなどの刺激が加わり末梢循環不全の状態が持続すると、筋硬結は「トリガーポイント」化します。そうなるとトリガーポイント化した部位への圧迫で遠隔部へ痛みが放散(関連痛)するようになります。

さらに痛みとストレスが続けば自律神経(交感神経)への影響も出始めるようになり、交感神経刺激が続けば末梢循環不全も強くなりトリガーポイントもますます活性化するというわけです。この状態を筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial Pain Syndrome)と言います。

近年の研究では、「トリガーポイント=過敏化した侵害受容器」というのが有力な意見です。部位ではなく生理学的な状態なのです。さらにトリガーポイントは「膜」に発生しやすいことがわかってきました。筋膜性疼痛症候群(MPS)も膜が原因で痛みを引き起こします。筋肉に限らず、人体は内外にたくさんの膜で覆われています。
これらの膜のことをFascia(ファスチア)と呼んでいます。以前はFascia=筋膜と訳していましたが、筋膜だけではなく、腱や靭帯などの膜も含めてFasciaと呼びます。

● エコーガイド下Fasciaリリースとは

上に述べたトリガーポイントを発生させている場所を発痛源といい、エコーで観察すると異常なFasciaは白く重責していることが多く、ここに生理食塩水を筋膜を含むFasciaに広がるように注入し、薄皮を剥がすように組織をばらけさせます。そうすると注射直後より劇的な鎮痛効果と血流改善効果、軟部組織の柔軟性の改善が見られます。これをエコーガイド下Fasciaリリースと呼んでおり、非常に大きな効果を上げています。
エコーガイド下Fasciaリリースの主な適応疾患

頭痛
変形性頚椎症
五十肩(肩関節周囲炎)
三叉神経痛
テニス肘
腱鞘炎
腰痛症
坐骨神経痛
股関節痛
膝関節痛
線維筋痛症
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)

その他各種の慢性疼痛でお悩みの方

エコーガイド下Fasciaリリースの料金について

ペインクリニックに関しましては基本的に保険診療で行っておりますが、予約料として別途2,000円いただいております。何卒ご了承ください。

プラセンタ注射について

上記のエコーガイド下Fasciaリリースにプラセンタを追加し、組織の血流改善効果や自然治癒効果をさらに高めたものです。
治療料金はご相談ください。


HOMETOPICS院長あいさつ診療案内
「痛み」についてQ&A在宅医療施設・設備交通案内ブログリンク
筋膜性疼痛症候群(MPS)とエコーガイド下Fasciaリリース


麻布ぼだい樹クリニック
東京都港区麻布十番2-20-7稲川ビル5F
TEL:03-5443-0365  FAX:03-5443-0366
Copyright (c) Azabu Bodaijyu Clinic. All Rights Reserved.
個人情報保護について