トリガーポイントとは
よく肩こりや腰痛などで他人にマッサージをしてもらうと、たまに「ああ、そこそこ」という場所に触れることがあるでしょう。この部分を「圧痛点」といいます。この圧痛点は複数存在することもしばしばあり、その中でも痛みの根源ともいうべき部位が存在します。その部分を「トリガーポイント」と呼んでいます。

ここを圧迫すると肩や腰はおろか、眼の奥や下顎などの離れた場所に痛みが響いたりします。実際この場所を治療することで、長年患っていた頭痛や眼の奥の痛み、歯の奥の痛みなどが取れてしまったりするのです。これはどうしてなのでしょうか?

痛みのある場所の筋肉は「筋硬結」という筋繊維が硬くなった状態になっています。この筋硬結は周りの血管やリンパの流れを阻害します。これだけだと普通の圧痛点なのですが、これに冷え、ストレスなどの刺激が加わり末梢循環不全の状態が持続すると、筋硬結は「トリガーポイント」化します。そうなるとトリガーポイント化した部位への圧迫で遠隔部へ痛みが放散(関連痛)するようになります。

さらに痛みとストレスが続けば自律神経(交感神経)への影響も出始めるようになり、交感神経刺激が続けば末梢循環不全も強くなりトリガーポイントもますます活性化するというわけです。そうなるとトリガーポイントを圧迫しなくても痛みが生じ、その関連痛によって全身が痛くなるということもおこります。「線維筋痛症」という全身が痛くなる原因不明の病気がありますが、まさにこのメカニズムで起こっているものと考えられます。

● トリガーポイント療法とは
トリガーポイント療法とは、上記で述べた「トリガーポイント=筋硬結」という考えに基づき、筋硬結を緩め、解消させることにより痛みの原因を取り除く方法です。筋肉を緩める方法は鍼やマッサージなどいくつかの方法がありますが、当院では細い針を用いたトリガーポイント注射(ごく少量の局所麻酔薬を用います)とトリガーポイントマッサージを組み合わせた「トリガーポイント療法」という方法により効果的に治療を行っています。
また患部の筋膜間に超音波エコー下で生理食塩水や重炭酸リンゲル液などを注入して筋硬結の解消をうながす「エコーガイド下筋膜リリース法」という方法も積極的に行っており、高い治療効果が得られています。

● トリガーポイントマッサージについて
トリガーポイントは、それ自体が血流(特に静脈系)やリンパの流れの妨げの原因になります。大切なことは筋肉を緩めるだけではなく、停滞した血流やリンパの流れを元の状態に戻してあげることです。そのためにはトリガーポイント注射の後にトリガーポイントに沿ってマッサージを行うことが最も有効な方法です。これを行うことで静脈血流やリンパの流れの正常化、ひいては組織の治癒能力の改善にもつながると考えています。

トリガーポイント療法の主な適応疾患

頭痛
変形性頚椎症
五十肩(肩関節周囲炎)
三叉神経痛
テニス肘
腱鞘炎
腰痛症
坐骨神経痛
股関節痛
膝関節痛
線維筋痛症
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)

その他各種の慢性疼痛でお悩みの方

トリガーポイント療法、エコーガイド下筋膜リリースの料金について

ペインクリニックに関しましては基本的に保険診療で行っておりますが、予約料として別途2,000円いただいております。何卒ご了承ください。

プラセンタトリガーポイント注射

上記のトリガーポイント療法にプラセンタを追加し、組織の血流改善や自然治癒改善効果をさらに高めたものです。
治療料金はご相談ください。


HOMETOPICS院長あいさつ診療案内トリガーポイント療法とは
「痛み」についてQ&A在宅医療施設・設備交通案内ブログリンク


麻布ぼだい樹クリニック
東京都港区麻布十番2-20-7稲川ビル5F
TEL:03-5443-0365  FAX:03-5443-0366
Copyright (c) Azabu Bodaijyu Clinic. All Rights Reserved.
個人情報保護について